「爪水虫」について

Pocket

「爪水虫」とはその名の通り、爪に出来る水虫の事を指しています。
爪の病気としては最もポピュラーな病気だと言われています。
水虫は白癬菌と言う菌が引き起こしている病気です。
この白癬菌が爪と皮膚の間に入り込み住み着く事で爪水虫を引き起こしてしまいます。
足も同様に足に白癬菌が住み着くと足の水虫になります。
つまり白癬菌が住み着く場所によってそのぶいが水虫になってさしまうと言う事になるのです。
水虫の元となっている白癬菌は身体の場所の中でも皮膚の表面を覆っている角層と言う場所、爪、髪の毛によく付着していると言われています。
何故この場所に白癬菌が付着しているのかと言うと、白癬菌の栄養源がケラチンと言うタンパク質だからです。
角層や爪、髪の毛はケラチンで構成されている為、白癬菌が住み着く場所としては最適なのです。
また白癬菌はカビの一種になります。
その為、高温多湿の所が大好きです。
帽子を被って頭が蒸れたり、ブーツを履いて足が蒸れたり、通気性が悪い洋服を着て汗をかいてしまう事で白癬菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、水虫になる確率も高まってくるのです。
爪水虫に限らず、身体中に水虫が出来ない様にする為には、白癬菌が増えない様な環境作りをする事が望ましいと言う事になります。
爪水虫は感染症の一種になりますので、爪が痒い等の症状が表れたら直ぐに病院に行って治療をする事をオススメします。
爪水虫の主な症状敏江は、爪が白く濁ったり、爪の厚さが厚くなって来たり、爪が変形したりします。
その他にも痒みや痛みが出る事も有ります。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.