水虫の種類

Pocket

足や手がかゆくなる病気は何でも水虫だと思っていませんか。
水虫の原因は白癬菌ですが、感染した部位によって症状が異なります。
また、全く別の病原菌の場合もありますから治し方も違ってきます。
足にできる水虫にも種類があります。
趾間型は足の爪の間にできる水虫です。
始めは赤く、だんだんと白くふやけていきます。
その後、ただれてからジュクジュクと液が出てきます。
角質型は踵などが固くなり、剥がれていく症状です。
汁は出ませんからほとんどかゆみもありません。
水虫であることを自覚していない場合も少なくありません。
そして、小水疱型は小さい酸い方ができて強烈なかゆみが出ます。
放置していると水泡はどんどん大きくなっていきます。
その前にかゆみを抑えようと薬を塗る人がほとんどです。
水虫は足だけではなく手にもできます。
症状は足と同じですが、汁が出るのではなく固くぼろぼろとなることがほとんどです。
このように水虫と言うだけではどのような症状なのかもわかりません。
自分で適当に判断するのではなく、しっかりと皮膚科で診てもらうことが重要です。
日常生活に支障がないと治療をしない人が多いのですが、それは白癬菌がまだ悪さをしていないだけです。
活発に動き始めると、強いかゆみとなって表れるでしょう。
その前に治療を始めるのが賢い治し方だと思いませんか。
難しいことではないのですが、なぜか多くの人はそれができません。
水虫が治りにくいのではなく、治そうとする強い意志を保つことが難しいのです。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.