爪は皮膚の一部

Pocket

爪は皮膚の一部で有ると言う事を知っている方はどれ位いるのでしょうか。
皮膚と爪は別物だと考えている方の方が多いのではないでしょうか。
大抵の方は爪は硬いからカルシウムで出来ていると言う様に考えていると思うのですが、実は爪はタンパク質の一種であるケラチンと言う成分から作られているのです。
ケラチンは皮膚の成分でもある事から、爪は皮膚の一部である事がお分かりいただけると思います。
爪水虫が出来る原因は白癬菌と言う菌ですが、この白癬菌はケラチンを栄養にして生存しており、身体中のケラチンが有る場所に住みつく可能性を持っているのです。
白癬菌が住みついて繁殖していくと「水虫」と言う状態になります。
ケラチンが有る場所が水虫になりやすと言う事なので、皮膚や髪の毛、爪等が水虫になりやすいと言う事になります。
爪水虫の場合、爪の表面から白癬菌が侵入すると言う事は爪が硬いと言う事なので有り得ない事です。
爪水虫になる場合は爪の周りの皮膚の部分から侵入して爪水虫を引き起こしてしまうのです。
爪水虫になった場合、爪の周りから侵入して爪の下に白癬菌が潜む事になる為、治療も難しくなってきます。
爪には神経が無い為、痒みとか痛みを感じる事は少ないのですが、爪がボロボロになったり変形したりしてきますので早めの治療が必要になると思います。
水虫は皮膚に生息するから爪は水虫になるはずがないと言う考えは、爪が皮膚の一部である以上考えられない事で、皮膚の一部だからこそ白癬菌が住みつき爪水虫になりますので、そうならない様に皮膚と同様に爪も常にケアをしてあげる必要が有るのです。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.