爪水虫と感染

Pocket

爪水虫は感染する病気ですので注意が必要になります。
爪と皮膚の間に白癬菌が入る事で爪水虫になります。
白癬菌はその環境によって繁殖しますので、爪水虫の範囲が広がる可能性が有ります。
また、白癬菌が他の人に付着してしまう事で、その人も爪水虫になる可能性が有ります。
爪水虫の感染経路は様々有ります。
バスマット、靴下、手袋、ハンカチ、床に落ちた爪等が挙げられます。
他にも色々と感染経路は有ります。
その人に白癬菌が付着してしまうと爪水虫が発症してしまう可能性が出てきます。
また爪水虫の人が切った爪が床等に飛び散った場合ですが、白癬菌は爪にあるケラチンを栄養にして生きています。
その為、爪さえ有れば例え切った物だとしても半年間も生き延びる事も有ると言われているのです。
その切った爪が床に転がっていた場合、白癬菌も床でずっと生き続けていると言う事になりますので、万が一裸足でそれを踏んだりしたら感染してしまう可能性が有るのです。
特に小さいお子様がいるご家庭の場合、床に落ちてしまった白癬菌が付いた爪をお子さんが口に入れてしまう危険性も有りますので、爪を切る際には飛ばない様にする配慮が必要ではないでしょうか。
ご家庭に1人爪水虫の感染者がいる事で、家族全員に感染してしまう事も充分に有り得ます。
更に一度完治した場合でも再度感染して再発するケースも充分に考えられます。
そうならない為にも、爪水虫の方は早目に皮膚科を受診し、適切な処置を受ける様にする事が大切なのです。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.