爪水虫と水場での感染について

Pocket

冬は温泉、夏はプールと不特定多数の人が水場で一緒にいると言う場面は多々有ると思います。
そういう場面に爪水虫の方がいた場合、感染してしまうのではないかと気になって行けないと言う方もいるのではないでしょうか。
確かに稀に温泉やプールで爪水虫に感染してしまったと言う話は聞く事も有ります。
温泉のバスマットからうつったとか、プールに置かれている椅子でうつったとか、うつる経路も様々です。
しかし爪水虫の感染力はそこまで強力な物では有りませんので、あまり神経質になり過ぎない様にした方が良いと思います。
もちろん温泉やプールには入浴規制、入水規制が設けられている事が多く、爪水虫等の感染病を持っている方の規制をしている場合が多いです。
しかし入る際にしっかりとチェックしている訳ではありませんので、自己責任と言う形になっているのが現状ですし、結構爪水虫の人で気にしないで温泉やプールに入ってしまう方も多いみたいです。
こういう場合は爪水虫に感染しない様に他力本願ではなくて自分で感染を予防する必要が有るのです。
こうした公共の場で白癬菌が自分の身体に付いたからと言って直ぐに水虫に感染してしまう訳ではありません。
感染する前に直ぐに身体から白癬菌を取り除いてしまえば良いのです。
その為には温泉やプールから上がったら足に殺菌スプレーをするとか、着替えたら足をよく乾かして靴下を履く様にするとか等の対策をすると効果的です。
この様に自分で爪水虫対策をする事で温泉でもプールでも思いっきり楽しむ事が出来ますので、きちんとした知識を持っておくと良いでしょう。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.