爪水虫と間違えられやすい爪の病気

Pocket

一見見ただけでは爪水虫ではないかと思われる位、症状が似ている爪の病気が有ります。
爪の変化は体調の変化を表しています。
爪水虫でも他の病気でも病気である事には変わりありませんので常日頃から気を付けてみる様にしましょう。
【爪甲剥離症】
爪が本来くっついている所から爪が剥がれ、見た感じ爪が浮いてくっついている様な症状の事を爪甲剥離症と言います。
爪の色が白や黄色っぽく変わっている為に爪水虫と間違えられやすいのですが、白癬菌が見つからないので爪水虫ではないと判断されます。
この病気になる原因としては色々有りますが、加齢による栄養不足、ホルモンの過剰分泌、自己免疫疾患、不慮の事故によって爪が剥がれた場合等が特に主な原因ではないかと言われています。
【厚硬爪甲】
よく爪水虫と間違えられやすい爪の病気の1つとして「厚硬爪甲(こうこうそうこう)」と言う病気が有ります。
根本的な治療方法が無い為、症状が悪化しない様に定期的に診察と治療を行っていく必要が有ります。
症状としては爪が分厚くなり、色が白く濁り、爪の成長が遅くなります。
白癬菌は検出されない為、爪がボロボロと崩れる事は有りません。
先生で有る場合も有りますし、一過性で有る場合も有ります。
場合に応じた治療を継続的に行っていきます。
この様に爪水虫の症状に似ている爪の病気はたくさん有ります。
爪に異常が生じた場合、様々な病気が考えられますので放置せず早めの診察を心掛け、適切な治療を行う様にして行く事がとても大切なのです。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.