爪水虫の予防について

Pocket

白癬菌は私達の日常生活の至る所にいると考えてください。
その為、いつ誰が爪水虫になってもおかしくないのです。
爪水虫の原因となっているのは白癬菌と言うカビの1種になります。
カビは高温多湿の環境を好み、その環境下で繁殖をしていきます。
白癬菌が繁殖されると爪水虫の状態も悪化してしまいますので、そうならない為にも爪水虫を予防する為にも私達の生活環境の中から白癬菌を除去する必要が有ります。
先ずは「足を洗って清潔に保つ」事が重要です。
足には白癬菌が付きやすく、直ぐには爪水虫にはならない為、付いたらすぐ洗い流す習慣を身に着ける様にする事で爪水虫を予防する事が出来ます。
次に「足を蒸らさない様に乾燥させる」事が重要です。
ブーツや靴下等を履いているとどうしても足が蒸れてきてしまいます。
その状態は白癬菌が好む高温多湿の環境になる為、白癬菌が繁殖しやすくなります。
その状態を防ぐ為にも足は常に乾燥させる様にする事が大切になるのです。
次に「部屋の空気の入れ替えをする」事も重要です。
先ほどの足を乾燥させると同様の理由で、部屋が湿っていると白癬菌が繁殖しやすい環境になります。
空気の入れ替えを良く行い、部屋を乾燥させる様にしておく事がとても大切なのです。
次に「白癬菌が付きやすい物はこまめに洗う」事が重要です。
爪水虫の人が使ったバスマットや靴下等を介して爪水虫が移る事が良くあります。
移らない様にする為にも、バスマットや靴下と言った物はこまめに洗濯をする事が重要です。
この様に爪水虫を予防する方法はたくさん有りますので、是非実践する様にしてみてください。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.