爪水虫の治療にかかる費用について

Pocket

爪水虫になった場合、治療にどの位の費用がかかるか不安だと考える人もいると思います。
病院に行くと高くなるから、市販の薬で治してしまおうと自己判断して市販薬を買い、結果的に症状が悪化して病院に行く事になったのでは、費用は余計にかかる事になってしまいます。
その為、最初から皮膚科を受診して適切な薬を貰う方が安上がりになると思うのです。
基本的な爪水虫の治療方法としては、塗り薬と飲み薬を併用する事で完治出来ると言われています。
市販されているのは塗り薬だけですので、飲み薬は病院で処方される物となっています。
塗り薬だけですと完治に至る事は難しいですので、結局病院で飲み薬を処方して貰う事になってしまうのです。
治療費の目安ですが、爪水虫の症状が初期段階の場合は塗り薬だけでも完治出来る場合が有りますので、病院で処方して貰って数百円程度ではないかと思います。
更に症状が重症の場合は飲み薬も併用させる事になります。この場合は飲み薬と塗り薬合わせて月額1万円前後かかると予想されます。
手の爪水虫で半年ほど、足の爪水虫で1年ほどかかると予想されますので、6万円~12万円位はかかると予想出来ると思います。
意外に費用がかかるなと思うと思いますが、飲み薬を処方するには内臓検査と血液検査が必要な為、その検査費用も含まれていますので高額になっています。
症状が重くなればなるほど治療費も高くなりますので、爪の状態がおかしいと感じた場合は早めに皮膚科に行って診察を受ける様にしましょう。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.