男性だけが爪水虫になる訳では有りません

Pocket

ビックリする事に日本人の10人に1人が爪水虫であると言われています。
想像よりも多い数字ではないでしょうか。
一般的に爪水虫を始めとして足の水虫など、水虫の症状を訴える人は男性の方が多い様なイメージが有ります。
また、若い世代の男性より、中年世代の男性が水虫を患っている人が多いと言うイメージが有ります。
何故そんなイメージが起きたのか、水虫と言うのは身体を洗わない様な不潔な人がなると言う先入観を持った人が多いからだと思います。
男性が不潔と言う事では有りませんが、女性の方が毎日お風呂に入って清潔にしていると言うイメージからこの様なイメージが出てきたのではないかと予想されます。
しかし、爪水虫は男性だけではなくて女性も同じ位の割合で感染していると言われています。
そう考えると必ずしも不潔だから水虫になってしまったと言う事にはならなくなってしまうのです。
爪水虫を始めとして、足や手の水虫は一般的な感染症の1つで、誰でも感染する可能性が有る病気になります。
少し油断をする事で水虫の元となっている白癬菌が肌に住みつき、水虫を発症させてしまうのです。
また、女性に爪水虫が多いと言うのは不潔だからと言う事ではなく、ファッションによる物も多いと思います。
白癬菌は高温多湿を好みます。女性はファッションだからと言う事で、ブーツを履く人が多いですよね。
例え暑くてもファッションの為に履く人は多いです。
そうなるとブーツの中は蒸れてしまい、白癬菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。
こうした事から、爪水虫は男性だけではなく女性も充分に可能性が有る病気である事がお分かり頂けると思います。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.