自宅で出来る爪水虫対策

Pocket

爪水虫は白癬菌が原因で起こる感染病です。
その白癬菌さえ死滅してしまえば爪水虫も完治出来るのです。
基本的に爪水虫の治療は皮膚科に行って飲み薬を処方してもらって治療してもらう事になるのですが、自宅でも完治には至らないかもしれませんがある程度の対策は可能なのです。
白癬菌は活動が活発化する適温と言う物が有ります。
その温度が適温より下がったり上がったりする事で活動が止まったり死滅したりするのです。
爪水虫の場合、白癬菌が死滅してくれれば良いので基本的には温度を上げた状態に足や手の温度をすればいいと言う事になります。
そこでオススメなのが熱めのお湯で行う「足湯」です。
白癬菌が死滅しやすい温度は40℃以上と言われています。
お風呂でもシャワーでも通常40℃位が適温ですが、少し熱めにして42℃~45℃位にしてみてはいかがでしょうか。
あまり熱すぎてしまうと低温火傷をしてしまう可能性が出てきてしまいますので、温度設定を充分にして自分にとっての適温を見つけてみましょう。
熱めの足湯を毎日行う事で爪水虫の症状が改善される事が期待できます。
但し基本的に爪水虫は自然には完治されないと言われていますので、足湯に期待をし過ぎないで皮膚科での治療と併用させる様にしてみてはいかがでしょうか。
爪水虫は人にうつしてしまう可能性が有る感染症になります。
更に完治しにくい病気でもありますので、爪に異常が表れたら早めに皮膚科を受診して完治させる様にしていきましょう。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.