自己判断はしない様にしましょう

Pocket

フッと自分の足の爪や手の爪を見た時、何となくいつもと感じが違うなと感じる事が有ると思います。
通常は少し様子を見てみようかと放置してしまうと思うのですが、症状によっては爪水虫で有る可能性が有りますので、自己判断をして放置をしたりせずに直ぐに皮膚科に行って受診をする様にしましょう。
皮膚科に実際に行って診断をしてもらう際、爪水虫の可能性が有る場合は顕微鏡を使って白癬菌が有るかどうかを調べます。
爪水虫は一目見ただけでは判断しにくい事、白癬菌自体が菌である事から顕微鏡を使って判断を行うのが一般的となっています。
ですから、見ただけで爪水虫と判断する皮膚科を受診した場合は、あまり信頼出来る医師とは言えないかもしれませんので他の皮膚科を受診する事をオススメしたいのです。
顕微鏡を使って検査をする場合、爪の一部を削り、それを専用の液に浸した後に顕微鏡で見ます。
直ぐに結果は分かりますのでその日の内に診断をしてもらう事が出来る様になります。
爪水虫は白癬菌が原因と言っても、その種類は無数に有ります。
その菌の種類によって治療方法が変わってきますので、きちんと検査をしてもらい合った薬を処方してもらう様にしましょう。
間違っても自己判断をして市販の薬を買ってきて終わりにする様な事は避けてください。
間違った自己治療法によって更に悪化してしまったり、他の人にうつしてしまったりする可能性も有りますので、自己判断はせずにきちんと皮膚科を受診する様にしましょう。

水虫改善法「ベイビーフットリカバリー」公式サイト

Comments are closed.