「爪水虫」について

「爪水虫」とはその名の通り、爪に出来る水虫の事を指しています。 爪の病気としては最もポピュラーな病気だと言われています。 水虫は白癬菌と言う菌が引き起こしている病気です。 この白癬菌が爪と皮膚の間に入り込み住み着く事で爪水虫を引き起こしてしまいます。 足も同様に足に白癬菌が住み着くと足の水虫になります。 つまり白癬菌が住み着く場所によってそのぶいが水虫になってさしまうと言う事になるのです。 水虫の元となっている白癬菌は身体の場所の中でも皮膚の表面を覆っている角層と言う場所、爪、髪の毛によく付着していると言われています。 何故この場所に白癬菌が付着しているのかと言うと、白癬菌の栄養源がケラチンと言うタンパク質だからです。 角層や爪、髪の毛はケラチンで構成されている為、白癬菌が住み着く場所としては最適なのです。 また白癬菌はカビの一種になります。 その為、高温多湿の所が大好きです。 帽子を被って頭が蒸れたり、ブーツを履いて足が蒸れたり、通気性が悪い洋服を着て汗をかいてしまう事で白癬菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、水虫になる確率も高まってくるのです。 爪水虫に限らず、身体中に水虫が出来ない様にする為には、白癬菌が増えない様な環境作りをする事が望ましいと言う事になります。 爪水虫は感染症の一種になりますので、爪が痒い等の症状が表れたら直ぐに病院に行って治療をする事をオススメします。 爪水虫の主な症状敏江は、爪が白く濁ったり、爪の厚さが厚くなって来たり、爪が変形したりします。 その他にも痒みや痛みが出る事も有ります。

爪水虫と感染

爪水虫は感染する病気ですので注意が必要になります。 爪と皮膚の間に白癬菌が入る事で爪水虫になります。 白癬菌はその環境によって繁殖しますので、爪水虫の範囲が広がる可能性が有ります。 また、白癬菌が他の人に付着してしまう事で、その人も爪水虫になる可能性が有ります。 爪水虫の感染経路は様々有ります。 バスマット、靴下、手袋、ハンカチ、床に落ちた爪等が挙げられます。 他にも色々と感染経路は有ります。 その人に白癬菌が付着してしまうと爪水虫が発症してしまう可能性が出てきます。 また爪水虫の人が切った爪が床等に飛び散った場合ですが、白癬菌は爪にあるケラチンを栄養にして生きています。 その為、爪さえ有れば例え切った物だとしても半年間も生き延びる事も有ると言われているのです。 その切った爪が床に転がっていた場合、白癬菌も床でずっと生き続けていると言う事になりますので、万が一裸足でそれを踏んだりしたら感染してしまう可能性が有るのです。 特に小さいお子様がいるご家庭の場合、床に落ちてしまった白癬菌が付いた爪をお子さんが口に入れてしまう危険性も有りますので、爪を切る際には飛ばない様にする配慮が必要ではないでしょうか。 ご家庭に1人爪水虫の感染者がいる事で、家族全員に感染してしまう事も充分に有り得ます。 更に一度完治した場合でも再度感染して再発するケースも充分に考えられます。 そうならない為にも、爪水虫の方は早目に皮膚科を受診し、適切な処置を受ける様にする事が大切なのです。

爪水虫の治療について

主に薬物治療で爪水虫を治療する事が出来ると言われています。 但し薬物治療でも即効性は無く、爪が全部生え変わるまで続けなければなりませんので、手の爪水虫で半年ほど、足の爪水虫で1年ほど治療期間が掛かると言われています。 その為、根気よく続ける事が完治への近道になります。 治療期間が長いと途中で止めてしまう事も有ると思いますが、その場合は再発してしまう可能性も大きいですのできちんと完治するまで治療を続ける様にしましょう。 先ずは「塗り薬」による治療です。 塗り薬は足や手の水虫には有効的ですが、爪水虫に関しては塗り薬だけで完治させる事は難しいと言われています。 爪水虫の原因となる白癬菌が爪の奥深くまで入り込んでいます。塗り薬は爪の表面だけにしか作用する事が出来ない為、完治させる事は難しいと言われているのです。 その為、塗り薬はサポート的な意味合いで使われる事が多いです。 次に「飲み薬」による治療です。 爪水虫では飲み薬による治療が主だとされています。 飲み薬を飲む事で、外からだと届かない部分に身体の中から成分を届かせる事ができ、白癬菌を退治する事が出来ます。 但し飲み薬を服用する場合、薬による副作用等を調べる為、血液検査を実施する事が必要となていますので、予め知っておいた方が良いでしょう。 また妊娠中の方、授乳中の方、肝臓疾患を患っている方、その他医師が適さないと判断した方の場合、飲み薬が処方されない事も有りますので注意してください。

爪水虫の予防について

白癬菌は私達の日常生活の至る所にいると考えてください。 その為、いつ誰が爪水虫になってもおかしくないのです。 爪水虫の原因となっているのは白癬菌と言うカビの1種になります。 カビは高温多湿の環境を好み、その環境下で繁殖をしていきます。 白癬菌が繁殖されると爪水虫の状態も悪化してしまいますので、そうならない為にも爪水虫を予防する為にも私達の生活環境の中から白癬菌を除去する必要が有ります。 先ずは「足を洗って清潔に保つ」事が重要です。 足には白癬菌が付きやすく、直ぐには爪水虫にはならない為、付いたらすぐ洗い流す習慣を身に着ける様にする事で爪水虫を予防する事が出来ます。 次に「足を蒸らさない様に乾燥させる」事が重要です。 ブーツや靴下等を履いているとどうしても足が蒸れてきてしまいます。 その状態は白癬菌が好む高温多湿の環境になる為、白癬菌が繁殖しやすくなります。 その状態を防ぐ為にも足は常に乾燥させる様にする事が大切になるのです。 次に「部屋の空気の入れ替えをする」事も重要です。 先ほどの足を乾燥させると同様の理由で、部屋が湿っていると白癬菌が繁殖しやすい環境になります。 空気の入れ替えを良く行い、部屋を乾燥させる様にしておく事がとても大切なのです。 次に「白癬菌が付きやすい物はこまめに洗う」事が重要です。 爪水虫の人が使ったバスマットや靴下等を介して爪水虫が移る事が良くあります。 移らない様にする為にも、バスマットや靴下と言った物はこまめに洗濯をする事が重要です。 この様に爪水虫を予防する方法はたくさん有りますので、是非実践する様にしてみてください。

爪水虫になった場合の症状

自己判断で爪水虫を判断するのは爪水虫の症状を良く知っておかないと無理だと思います。 どの様な症状が爪水虫の症状なのか、主な症状を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。 基本的には自分で判断せずに直ぐに病院に行って適切な診察を受ける様にしましょう。 【爪が白く濁る・爪が厚くなる】 爪水虫になった場合、爪の色が白く濁ってしまう事が有ります。症状が酷くなると白を通り越して黒く変色してしまう事が有りますので注意が必要です。 また爪水虫になると爪にいつもと違う厚みが出てくる様になりますので、常に普段の爪の状態を把握しておく事が重要になります。 【爪が崩れる・爪に筋が出来る】 爪の表面がボロボロと崩れてしまい、新しい爪が生えてきてもキレイな状態で生えてこない場合、爪水虫の症状で有ると言われています。 更に爪の表面にボコボコと何本も筋が出てきた場合も、爪水虫である事が疑われます。 本来、健康な爪の場合は形が崩れる事も筋が出来る事も無い為、爪水虫の症状が一目で分かります。 【爪周辺の炎症】 靴を履いた時に爪の周辺が痛いと感じた場合、爪水虫で有る事が多いです。 通常、爪水虫の初期段階では痛みを感じる事が無い為、痛みが感じる場合はかなり症状が進んでいる可能性が有りますので早めの皮膚科への受診をオススメします。 この様に、爪水虫の症状は色々有ります。 いつもの爪の状態をよく把握しておき、少しでも症状が該当する様な感じであれば直ぐに皮膚科を受診して早期治療をする様にしましょう。

爪水虫はどの様に感染するのでしょうか

今まで特に何も感じなかったのに爪水虫に急になっていたと言う事はよくあります。 どの様に爪水虫が感染してしまったのか、その主な経路を挙げてみたいと思います。 通常、爪水虫だけを発症すると言う事は無く、大体の場合、足の水虫を経由して足の爪水虫になる事が多いと言われています。 白癬菌がウヨウヨしている素足で床を歩く事、爪水虫の人が使った爪切りを使う事、爪水虫の人が使ったスリッパやバスマットを洗わないで使う事等、家庭内での感染が大きく考えられます。 この様に水虫は他人に感染しやすい病気である事から、家族内でうつしてしまう事がとても可能性として大きいのです。 また恐ろしいのは床に白癬菌が有る可能性が有ると言う事です。 人間の肌のターンオーバーは約30日と言われています。古い角質が剥がれ落ち、新しい肌が生まれ変わるのですが、この時剥がれ落ちた古い角質の中に白癬菌が潜んでいる可能性が有ります。 ケラチンを栄養源とする白癬菌は、剥がれ落ちた角質の中でも生き延びていて、長い場合は1年も生き続ける白癬菌もいると言う事です。 そんな角質が落ちている床の上を裸足で歩いてしまう事で、足に白癬菌が移り住み、感染してしまう事も有るのです。 そして感染して足の水虫になってしまった場合、完治させずに放っておいてしまう事で足の裏から爪に入り込んでいき、爪水虫を引き起こしてしまう様になります。 この様に水虫に感染しない為には、早めに治療をして完治させる事が重要です。 また1日1回はお風呂に入り、付いた白癬菌を洗い流す事も必要になります。 どの様な状況でも水虫に感染する可能性が有りますので、しっかりと予防と治療を行う事が重要なのです。

男性だけが爪水虫になる訳では有りません

ビックリする事に日本人の10人に1人が爪水虫であると言われています。 想像よりも多い数字ではないでしょうか。 一般的に爪水虫を始めとして足の水虫など、水虫の症状を訴える人は男性の方が多い様なイメージが有ります。 また、若い世代の男性より、中年世代の男性が水虫を患っている人が多いと言うイメージが有ります。 何故そんなイメージが起きたのか、水虫と言うのは身体を洗わない様な不潔な人がなると言う先入観を持った人が多いからだと思います。 男性が不潔と言う事では有りませんが、女性の方が毎日お風呂に入って清潔にしていると言うイメージからこの様なイメージが出てきたのではないかと予想されます。 しかし、爪水虫は男性だけではなくて女性も同じ位の割合で感染していると言われています。 そう考えると必ずしも不潔だから水虫になってしまったと言う事にはならなくなってしまうのです。 爪水虫を始めとして、足や手の水虫は一般的な感染症の1つで、誰でも感染する可能性が有る病気になります。 少し油断をする事で水虫の元となっている白癬菌が肌に住みつき、水虫を発症させてしまうのです。 また、女性に爪水虫が多いと言うのは不潔だからと言う事ではなく、ファッションによる物も多いと思います。 白癬菌は高温多湿を好みます。女性はファッションだからと言う事で、ブーツを履く人が多いですよね。 例え暑くてもファッションの為に履く人は多いです。 そうなるとブーツの中は蒸れてしまい、白癬菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。 こうした事から、爪水虫は男性だけではなく女性も充分に可能性が有る病気である事がお分かり頂けると思います。

爪水虫のケアについて

もしも爪水虫になってしまった場合、病院での治療の他に自分でもケアをしてあげると完治が早くなると思います。 ご自身の爪水虫を悪化させない為に、また家族等他の人にうつさない様にする為にもご自宅でもケアする様にしましょう。 【足を清潔に保つ】 爪水虫を悪化させない為に1日1回は足を洗う様にしてください。 この時、専用の石鹸でなくてもボディーソープでも充分です。 大切なのは洗った後にきちんと乾かす事です。 乾かす事で白癬菌がついた角質を色んな所に落とす事が少なくなります。 また洗い過ぎも良くありませんので1日1回位がベストとなります。 【爪を圧迫させない】 窮屈な靴を履く等、爪を圧迫させてしまうと爪が傷ついてしまいます。 その傷がついた所から白癬菌が入り込んでしまい、爪水虫を悪化させてしまう事になります。 ですから爪水虫になった場合こそ自分のサイズに合った靴を履く様にした方が良いのです。 【爪を切り過ぎない】 爪を着る時には爪の白い部分を少し残す様にして切る事です。 これ以上切ってしまうと深爪になってしまい、白癬菌が入りやすくなってしまいますので注意が必要になります。 【掃除・洗濯】 自分が爪水虫の場合、ご家族の方にうつさない為にも自分が使ったバスマットやスリッパ、靴等を共有しない事が大切ですし、バスマットや靴下等は頻繁に洗濯する様に心掛けてください。 更に部屋が高温多湿にならない様に、換気を充分にする等、白癬菌が増えない様にする様な環境作りを心掛けてください。

爪水虫の自覚症状について

様々な病気が起こると体調が悪くなる等自覚症状が有ると思いますが、爪水虫に関しては自覚症状が有りません。 通常、足や手に起こる水虫の場合、痒みと言う自覚症状が出てくると思うのですが、爪に関しては神経が無い為、痒み等の自覚症状を感じる事が出来ず、症状が悪化してから気付くと言う様な事が多いそうです。 当然爪水虫が発症した事に気が付かなければ病気を放置してしまう事になります。 そうなると症状は悪化した状態になりますので、完治までも期間がかかってしまう事になるのです。 自覚症状が無いとついつい「そんな悪化してないだろうから大丈夫」と思いがちですが、自覚症状が無い爪水虫だからこそ早期発見がとても重要になります。 それでも飲み薬や塗り薬で完治出来る様であれば良いのですが、爪がボロボロになったり変形したりしてしまう事も有ります。 爪が変形してしまうと女性の場合は素足でサンダルを履く事も恥ずかしいと感じる様になり、オシャレをしたくでも出来なくなってしまいます。 更に変形した爪が爪の周りの指等を圧迫して痛みが出てくる事も有ります。 痛みが出てくると歩くのも辛くなってしまいますので、自覚症状が無くても爪に異常を感じたら直ぐに病院を受診する事がとても大切なのです。 また放っておくと他の人にうつしてしまう可能性も高くなりますので、早めの治療が必要です。 爪水虫は自覚症状を感じにくい病気の1つです。 だからこそ常に自分の爪の状態を把握し、自分で自分を管理する事が必要になるのです。

自己判断はしない様にしましょう

フッと自分の足の爪や手の爪を見た時、何となくいつもと感じが違うなと感じる事が有ると思います。 通常は少し様子を見てみようかと放置してしまうと思うのですが、症状によっては爪水虫で有る可能性が有りますので、自己判断をして放置をしたりせずに直ぐに皮膚科に行って受診をする様にしましょう。 皮膚科に実際に行って診断をしてもらう際、爪水虫の可能性が有る場合は顕微鏡を使って白癬菌が有るかどうかを調べます。 爪水虫は一目見ただけでは判断しにくい事、白癬菌自体が菌である事から顕微鏡を使って判断を行うのが一般的となっています。 ですから、見ただけで爪水虫と判断する皮膚科を受診した場合は、あまり信頼出来る医師とは言えないかもしれませんので他の皮膚科を受診する事をオススメしたいのです。 顕微鏡を使って検査をする場合、爪の一部を削り、それを専用の液に浸した後に顕微鏡で見ます。 直ぐに結果は分かりますのでその日の内に診断をしてもらう事が出来る様になります。 爪水虫は白癬菌が原因と言っても、その種類は無数に有ります。 その菌の種類によって治療方法が変わってきますので、きちんと検査をしてもらい合った薬を処方してもらう様にしましょう。 間違っても自己判断をして市販の薬を買ってきて終わりにする様な事は避けてください。 間違った自己治療法によって更に悪化してしまったり、他の人にうつしてしまったりする可能性も有りますので、自己判断はせずにきちんと皮膚科を受診する様にしましょう。