おすすめの水虫の治し方

水虫の治し方は人によっていろいろな方法をしているようです。 市販の薬や病院でもらった薬を使わずに、自宅にあるもので水虫を治している人もいるのです。 よく聞く治し方は酢を塗ると言うものです。 これはいかにも水虫菌に効果がありそうな気がしますが、実際にどの程度の効果があるのかはよくわかりません。 個人レベルで効果があったとしても、それが医学的根拠に基づいている保証はありません。 素直に病院で診察をしてもらいましょう。 ただ、多くの人が病院の薬で治らないと感じていることも確かです。 薬では治らないのでしょうか。 実は治し方が間違っているだけです。 水虫菌は皮膚の表面だけではなく、少し深いところまで潜んでいます。 表面がきれいになっただけで薬を塗るのを止めてしまうため、再発してしまうのです。 このことが水虫は治らないとなってしまうのです。 病院で説明される時にどのくらいの期間薬を塗ればいいか聞きましたか。 最低でも半年は続けなければなりません。 ところでおすすめの治し方は紫外線でしょうか。 自宅でできることではありませんが、紫外線を照射することで水虫菌の死滅が速くなります。 半年間薬を塗り続けることができない人は、紫外線照射を検討してみてはどうでしょうか。 皮膚科の病院ならどこでもやってくれるわけではありませんから、事前に確認しておくことが大切です。 短期間で完治します。 もちろん、弱い紫外線ですから体に悪影響はありません。 ただ、皮膚の奥深くにある水虫菌には効果がありません。

水虫と紫外線

紫外線照射によって細菌が死滅することはよく知られています。 どのような菌にも効果があるのでしょうか。 もちろん、それは医学的に研究された結果で判断しなければなりません。 紫外線治療器がある皮膚科なら、水虫の治療器具として使用されているはずです。 この治し方は効果が高いのですが、何度も病院に行かなければならない点が大きなネックとなります。 そこで自宅でできる紫外線治療器具が販売されているのです。 塗り薬を使わない治し方ですから、より簡単に水虫を治療することができるのです。 注意しなければならないのは紫外線の副作用です。 あまり強い紫外線は細菌を殺すだけではなく皮膚を傷めてしまいます。 医療機器として認可されている紫外線機器は医師の立会いの下で利用されます。 家庭で使用する機器は出力が弱く作られています。 そのため、水虫に対して十分な効果が得られるとは限りません。 塗り薬は使いたくないと思っているなら紫外線照射機器を検討していいのですが、その信頼性を十分チェックすることが大切です。 効果がないのに高い買い物をしてしまうことになりかねません。 日常生活に支障がなければ水虫を治さなくてもいいと思っている人もいるでしょう。 夏になると足がかゆくなってくるだけだからです。 ただ、長期間水虫が感染した状態であれば、周辺の皮膚も以上になることが多いため、早目の治療をおすすめします。 治療して完治すればもう悩むこともありません。 面倒だと思っているなら紫外線で短期治療をしてみましょう。

水虫の治療器

家庭でも気軽に使用できる水虫治療気があれば、治し方も簡単になると考えている人は多いでしょう。 水虫のために皮膚科を受診するのもちょっと恥ずかしいし、面倒だと思ってしまうからです。 そのため、市販の塗り薬を適当に塗って、かゆみが収まったらそれで終わりになっているのです。 これではいつまで経っても水虫を退治することはできません。 そこで、治し方の発想を変えましょう。 家庭用の紫外線照射気が販売されています。 水虫の原因である白癬菌は紫外線に弱いことがわかっています。 要するに毎日はだしで砂浜を歩いているだけで治ってしまうのかもしれません。 家庭でも使用できる紫外線は病院の場合よりも弱いですが、それでも水虫に対しては十分な効果を発揮します。 1回で終わるわけではありませんが、使用法を間違えないようにしてください。 水虫治療専用ではなく、わきが対策としても使用できます。 体の中で湿り気の多いところに照射することで、繁殖しているカビを退治するのです。 いろいろなタイプが市販されていますから、インターネットで検索して見るといいでしょう。 もちろん、皮膚科で塗り薬をもらうと言う治し方もありますから、自分に合った方法でかまいません。 いずれにしても完治するまでは途中で止めないことが重要です。 水虫の治し方の基本です。 どこのメーカーの薬が一番効くかは人によって異なりますから、インターネットの情報はあまり当てになりません。 素人判断すべきではないのです。